各種システム開発・WEBコンテンツ制作・WEBデザイン・ホームページ制作・インフラ設計・構築・レンタルサーバー・ソフトウェア技術者のアウトソーシング事業を行っております。

10 月
30

NW機器の設定について

m_saitoh


以前はCisco機器にて構成されていた
EthernetSwitchdNetworkを運用していたのですが
一部機器を他のNWベンダーにマイグレーションして
先日その機器に追加で設定したのですがその際に思った事を書きます。

EtherChannel(LACP)の設定を実施したのですが
Ciscoですと基本は以下のCLIとなります。

(config)#interface gi xx/yy
(config-if)#channel-group xx mode yy

上記コマンドをグループに組み込む他のPortに対して同じChannelIDを組み込めば
Etherchannel 構成は完了です。

その機器で以下のCLIを入れたら入力したChannelIDではLACP組めないと怒られました。

(config)#portcahnnel xx port yy,zz
(config)#portchannel xx enabke
(config)#exit
(config)#interface port xx,yy
(config-if)#lacp key 100
(config-if)#lacp mode active

調査したら
正解は以下でした。

(config)#interface port xx,yy
(config-if)#lacp key 100
(config-if)#lacp mode active
(config-if)#exit
(config)#portchannel xx lacp key 100

これでLACPで認識されました。
Ciscoだとportに対して設定するのですがここはLACPのIDが任意ではなく
あるレンジでアサインされているのでそのレンジを使用してadminKeyとくくりつける
設定を行いそれで認識されます。

前もって調査すれば分かる事なのですがCiscoと同じという思い込みで
作業してしまいストレスを感じてしまったのですが
改めて思いこみで行動する事のデメリットをわかりました。
今後は思い込みで行動しないようします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

月別アーカイブ

カテゴリ