各種システム開発・WEBコンテンツ制作・WEBデザイン・ホームページ制作・インフラ設計・構築・レンタルサーバー・ソフトウェア技術者のアウトソーシング事業を行っております。

8 月
31

同一のLinux&Apache環境で、異なるPHPのバージョンを動作させる

技術スタッフ


同時に複数のプロジェクトを進めると、片方ではPHP7、もう片方ではPHP5で開発なんて事があります。

複数サーバーがある、仮想化できる等であればなんてことはないんですが
開発サーバー1台で仮想化不可の場合はそうも行きません。

PHPを複数バージョン同時に動くようにするには、以下の設定でできます。

前提:
・Linux
・PHP(yumインストールでも可)
・Apache
がインストール済みで、既に動作中である。

ここに、例えばPHP5も動作する環境を構成するとします。

まずは、PHP本体を取得します。
以下のサイトからダウンロードできます。
http://php.net/downloads.php

ソースコードインストールが必要になりますので、PHPのインストールに必要なモノは、ご自身の環境に合わせて別途インストールしてください。

make installまで出来たらここからがポイントです。
後からインストールしたPHPはCGI版として動作させます。

php-cgiをcgi動作ディレクトリにコピー
$ cp /usr/local/lib/php-5.2.17/bin/php-cgi /home/site/cgi-bin/php-5.2.17

後はApacheの設定ファイルで、別のPHPのバージョンを動作させたいサイトの設定をするのみです。

<VirtualHost 111.111.111.111:80>
ServerName phpversiontigai.co.jp
ServerAdmin admin
DocumentRoot “/home/sites/sv.phpversiontigai.co.jp/web/”

・・・・・・以下追加した設定・・・・・・

ScriptAlias /cgi-bin/ “/home/site/phpversiontigai.co.jp/web/cgi-bin/”
<Directory “/home/site/phpversiontigai.co.jp/web/cgi-bin”>
AllowOverride None
Options FollowSymLinks
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>

Action php-5.2.17 /cgi-bin/php-5.2.17
AddHandler php-5.2.17 .php

・・・・・・・・・・・・

</VirtualHost>

Apacheのバージョンによって記述内容が変わりますのでご注意ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

月別アーカイブ

カテゴリ