各種システム開発・WEBコンテンツ制作・WEBデザイン・ホームページ制作・インフラ設計・構築・レンタルサーバー・ソフトウェア技術者のアウトソーシング事業を行っております。

8 月
31

「企画(要求定義) ⇒ 要件定義 ⇒ 設計」でおこなう作業内容

MRP-M.A


過去の講習会で、企画から設計まで、どのようなことをするのか理解できるよう、簡潔に

まとめて話をしました。

以下、講習会で使ったテキストになります、イメージはつかめるかと思います。

 

★要求定義・要件定義

要求定義は、顧客(請負開発)やユーザー(自社開発)が、モノに求めているものを

明確にしていく作業です。

そのモノでやりたいこと、やるべきこと、を明らかにしていきます。

要件定義は、要求定義を満たすために、実装する機能や性能を明確にしていく作業です。

ここから、ソフトウェア開発者が中心となって作業を進めていきます。

★基本設計・詳細設計

基本設計は、要件定義を元にどのようなシステムで実現するかを検討して、機器の構成、

実装する機能、操作手順、インプットとアウトプット、生成・保管されるデータの概要など、

基礎的な仕様をまとめます。

詳細設計は、基本設計で定めた機能や操作に基づいて、システムをどのように構築するかを

具体的に定めていきます。

システムをどのような構成にするのか、その構成一つ一つでどのような処理を行うのか、

また、構成同士どのようなやりとりを行うのか、を決めていきます。

以上を簡単にまとめると、

要求定義:「何がしたいのか」を明確にする。

要件定義:「そのためには何が必要か」を明確にする。

基本設計:「どのように実現するか」を明確にする。

詳細設計:「どのように作るか」を明確にする。

となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

月別アーカイブ

カテゴリ