各種システム開発・WEBコンテンツ制作・WEBデザイン・ホームページ制作・インフラ設計・構築・レンタルサーバー・ソフトウェア技術者のアウトソーシング事業を行っております。

*
5 月
31

2進数と16進数

MRP-M.A

2進数と16進数は、テクノロジ系の基礎理論で出てくる内容ですが、 ソフトウェア開発で使う人は 少ないと思います。 また、ITパスポートの勉強をしていない人には、どういうものか知らないと思うので、簡単ですが 説明をします。 ☆2進数とは 基数を2とした数値の表現方法で、桁が1つ移動する毎に値の重みが2倍(1/2倍)になります。 2進数は、「0」と「1」の2種類の数・・・
▼続きを読む

4 月
30

モジュール分割

MRP-M.A

全体を何らかの基準に則って複数の部品(モジュール)に分割することを言います。 モジュールは、特定の機能や構造を表す適切な大きさのプログラムのまとまりであり、 これらを組み合わせてプログラム全体を構成していきます。 モジュール分割のメリットは ・複数人での分担が可能 ・開発者にとってプログラムの構造が見通しやすくなる ・問題発生時の原因の発見やコードの再利用などが・・・
▼続きを読む

3 月
31

「企画(要求定義)⇒要件定義⇒設計」でおこなう作業

MRP-M.A

今回は、「上流工程」の講義で使った資料をまとめたものを掲載します。 上流工程ではどんなことをするか、おおよそのイメージが分かると思います。 ・要求定義、要件定義 要求定義は、ソフトウェアの開発の初期段階で、顧客(受注開発)やユーザー(自社開発)が、 そのシステムなどに何を求めているのかを明確にしていく作業のことです。 そのシステムを使って何がしたいのか、何ができなけれ・・・
▼続きを読む

2 月
29

マイクロプロセッサの進歩(後編)

MRP-M.A

今回は、「マイクロプロセッサの進歩」の後編です。 1990年代後半 ☆CPUスピードの向上 業務用CPUの分野では急速に能力を向上させてきたパソコンに押されてワークステーション市場を徐々に 失っていき、代わってインターネット時代の到来とともにサーバ分野へと拡大していきます。 一方、パソコンCPUの分野ではWindows3.1やWindows95などのGUI OSが登場・・・
▼続きを読む

1 月
31

マイクロプロセッサの進歩(前編)

MRP-M.A

今月と来月の2回に分けて「マイクロプロセッサの進歩」を掲載します。 こちらは過去に講習会で講義したもので、1970年から2015年の間にどのようなマイクロプロセッサが 存在していたかを解説しました。 1970年代前半 ☆マイクロプロセッサの登場 コンピュータのCPUは、従来、多数のトランジスタや集積回路 (IC) を組み合わせて実現していましたが、 1970年代に入る・・・
▼続きを読む

月別アーカイブ

カテゴリ