失注をしたのにドヤ顔

忙しくてなかなか更新できていません。

申し訳ございません。

ですが、この忙しさは、自分が必要とされている証拠でもあります。

辛いことが多いのが営業職の特徴ですが。

その分、成し遂げた時の喜びと、その辛さの高低差が

営業職の醍醐味ですね。

どちらかといえば辛いですが

失注をしたのにドヤ顔をしてみました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*