HTML5の新要素がすごい

フロントエンジニアの皆さん、HTML5活用してますか?
最近個人的にとても気になる新要素がHTML5に追加されました。

「Portals」要素。
ご存じの方もいるかもしれませんが、どんな機能かといえば
語弊を恐れず端的にいうと、WEBページの先読みです。

ページ遷移の時、今は画面全体が一瞬白くなって上から段々にページが表示されますが、
この要素を使うと同じ遷移でも、

次のページがニュルっと出てくるみたいな遷移になります。
(多分”ニュル”の表現もいろいろ変えらると思う)

ネット上では、iframeの代替、みたいな記事もありましたが、
僕がこの要素を気にいっている点は、
UX観点で速度改善が見込めるという点。

昨今、ネット回線速度が著しく成長しているなか、
正直、回線速度が上がればよくない?(5Gもでるし)
みたいな意見もあるかもですが、
開発者の視点からすると、今あるものをいかに速く魅せるか(←あえての”魅せる”)
といった点にものすごくロマンを感じます!!

似たような仕組みで、SPAと呼ばれるWEBアプリがすでにあるらしいですが
長年フロントエンジニア専門でやってきた僕のような人間にとっては
こういった技術がフロント側で実現できるというのがとてもうれしいし、
フロント技術の今後の成長が楽しみでなりません。

この新要素、当記事を書いてる段階ではまだ草案らしいですが
正式に採択される事を切に願う、今日この頃でした。