「TYPE-MOON展に行ってきました」

4月も終わりが近づいて参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
MRPのMです。

今回は私が最近行ったゲーム会社の展示会について紹介しようと思います。
(新型コロナ感染症の影響による緊急事態宣言前に訪れた際の内容となります。)

展示会の名は「TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡-」
場所は東京六本木のソニーミュージック六本木ミュージアムで開催されています。

TYPE-MOON社の代表作の一つである「Fate/stay night」というノベルゲームが
発売15周年を迎えたことによりこの展示は開催されました。
展示内容は、製作までの裏話や設定集などの資料、作品の舞台をジオラマで再現して
そこでストーリーでの名シーンを紹介していくプロジェクションマッピングなどがありました。

「Fate/stay night」は現代世界を舞台に、何でも願いが叶うとされている聖杯を求めて、
魔術師たちがサーヴァントと呼ばれる過去の英雄等を召喚し、共に闘いを繰り広げていく、
というストーリーです。
スマホゲームでは派生作品である「Fate/Grand Order」というものもあり、「FGO」という
略称を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

この作品は、原作者が中学生の時に書いた作品を元で、それを大学生時に友人達からの
「カタチのあるものにしよう」と声をかけられたことで制作を開始したそうです。

展示では実際に学生時代に書いたとされるストーリーのルーズリーフがあり、その内容から
昔から人を惹き込む書き方をしているのだな、と目にして感じました。

少し前までは新型コロナ感染症の影響により会場が休館中でしたが、
6/5(金)より再開されましたので、もう一度訪れて展示を鑑賞したいと思っています。
作品とのコラボカフェも会場に併設されていますので、そこで限定メニューもまた味わいたい
ですね。

自粛も解除され、県境を跨ぐ往来規制も解除されつつあります。
皆様も、外出自粛期間中に行けなかった場所に訪れてみてはいかがでしょうか?
もちろん!引き続き新型コロナ感染症には細心の注意をしつつ、外出を楽しみましょう!!