2015年 12月 の投稿一覧

ルーティーン

技術スタッフブログ

技術スタッフブログmrp-staff blog

アイコン技術スタッフの一言

今年ももう残り僅かになってまいりました。

今年も色々な話題がありましたが、最近とても流行ってるものがありますね…
そうです、ラグビーW杯で一躍話題になった五郎丸ポーズです。
あのポーズはもちろんただパフォーマンスとしてやっているわけではなく、
五郎丸選手自身のルーティーン(儀式)として行っているわけです。
この行為は実は理に適っているらしく、ゲン担ぎであると同時に、集中力をもたらすことにも繋がっているそうです。

自分が最近考えていることが、このルーティーンを仕事にも取り入れられないかということです。
大事な仕事や会議の前にこれを実施すれば、いつも通り…もしくはそれ以上のパフォーマンスができるのじゃないかと…。
そこで自分なりにルーティーンについて調べたのですが、ルーティーン自体はとはどんな行為・行動でもいいようです。
ただ一つ注意することとして、いつもやっていることに意味を持たせることだそうです。
自分も取り入れようと考えてはいますが、現在どんなものにしようか模索中です…。(できたらかっこいいものがいいなと思っていて中々決まりません…)

大事な仕事の時にいつも緊張して失敗してしまう…という人は、是非このルーティーンを取り入れて実践してみてはいかがでしょうか?

一覧へ戻る最新一覧へ戻る

年末に寄せて

技術スタッフブログ

技術スタッフブログmrp-staff blog

アイコン技術スタッフの一言

早いもので今年ももう半月余りとなりました。
MRPに入社してもうすぐ2年となりますが、相変わらずあっという間の1年です。

私生活に仕事に今年も色々と変化がありましたが、私の仕事の面として最も変わったのは業務内容です。
現場ではQCチームとして携わっていますが、10月頃からはテスト業務だけでなく
JavaやSQLを用いてソースコードの修正や小規模ですが新規機能の作成もやらせていただくようになりました。
勿論ほぼ初心者が一人で出来るほど簡単ではないので、現場の先輩にお世話になりっ放しですが、
折角の機会を与えていただいたので精一杯やっていきたいところです。

今のところ現場の構築環境やソースを見てその都度調べながらの業務ですが、
ゆくゆくはこの現場を離れてもやっていけるように
可能な限り吸収していきたいと思います。

一覧へ戻る最新一覧へ戻る

リーダーと言えば・・・シャクルトン

技術スタッフブログ

技術スタッフブログmrp-staff blog

アイコン技術スタッフの一言

シャクルトンの本を読み終えたあと、「弊社開催の教育プロジェクト」の「リーダー研修」第二回目に参加しました。
前回も語りましたが、「弊社開催の教育プロジェクト」と言っても堅苦しいものでは無く、強制でもなく、お金もかかりません。
参加したい者が集い、向上性あふれやる気に満ち溢れたものです。

第二回目の「リーダー研修」を受けて思ったこと。
私の中のシャクルトンが大きすぎます。
聞く話聞く話、「シャクルトンだったら・・・」「シャクルトンもやっていた・・・」みたいにシャクルトンが基準になっていました。

そこで一つ、「リーダー研修」での話をWEBから引用して・・・

△▼△▼ここから引用△▼△▼
GAMSのリーダーシップ・フレームワークというものがある。

①魅力ある目標設定(Goal)
②その実現体制を構築(Achieve)
③人々の意欲を高め(Motivation)
④課題や障害を解決する行動(Solution)

Goal →”強い意志”と”全体(全社)最適”
           (できるだけ多くの人たちが幸せになること)
Achieve →使える資源と選択肢を全て考える
(人、モノ、カネ、情報、人脈、道具を使って”道しるべ”を作る)      
Motivation →意欲を原動力とする
           (実行者にとって、うれしいことを発見し説明する)
Solution →実行者の立場になって障壁を考える
           (一緒に解決策を考え、一肌脱ぐこと)

である。
つまり冒頭のGAMSを先行して振る舞い、行動特性を身につけることが
非常に重要だが、もし、これらの「4つの要素」がなければ、
長期において人を統率することは難しくなる。
△▼△▼ここまで引用△▼△▼
引用元:http://www.insightnow.jp/article/1432

では、シャクルトンではどうでしょう。
Goal →“南極大陸横断”断念した後は、“全員生還”
Achieve →“南極大陸横断”に適した、装備と人選の確保
Motivation →隊員へ行動を支持する際は行動に意味を持たせ、成功へつながると信じさせる
Solution →隊員と対話や議論を交わし、互いに理解をし過酷な状況を乗り越えていく

こんな感じでしょうか。

シャクルトンは自ら率先して危険に立ち向かい、目標へ進み、皆を率いていきます。
私も、そんなリーダーになりたいものです。

ちなみに、この上記内容は半年以上も前に行われ、その日に書いた内容です。
今現在は行動を起こした後に「リーダーとしての行動・考え」ができていたのかを振り返る日々です。

一覧へ戻る最新一覧へ戻る