2015年 3月 の投稿一覧

コンサルの役割

技術スタッフブログ

技術スタッフブログmrp-staff blog

アイコン技術スタッフの一言

この業界で働くコンサルの人から話を聞いて

1.提案や営業だけが最重要ではない
2.コンサルを増やす事が経営の効率・改善化に繋がるかは別
3.時にはクライアントに叱咤

以上の3点が特に印象に残った。

1について、単に提案したり戦略を立てるだけでは務まらない。
プログラミングの知識はなくとも業界背景や企業環境を把握しないといけないし、
事前にプロジェクトの達成ができるかを推測しなくてはならない。
また、経営者にも理解出来るように情報をまとめる構成力も必要である。

次に2だが、経営戦略を組み込める力量のある者でなければ効果は薄い。
結局、経験値か地頭のある優秀な人材がいなければ他の人員の増員を優先させたほうがいいらしい。

最後に3、例えばクライアントから急な仕様変更があった時に
ここでYESマンにならずNOと言える度量と潔さも重要だという事。
この業界でも多いが無理な案件を強引に引き受けて自滅する事は少なくもなく、
技術者側としても無理なものを引き受けてもらっては困るというの心情だろう。
どちらの選択が最善かを即座に見極める頭の回転の良さも必要。

コンサル自体の定義が企業間で曖昧なため
○○コンサルと名の付くものに胡散臭いイメージがある人も少なからずいると思う。
しかし、この業界で働くコンサルが会社の核を担う重要な位置付けというのが
話を聞いた後に感じた自分の印象だ。

一覧へ戻る最新一覧へ戻る

作業効率

技術スタッフブログ

技術スタッフブログmrp-staff blog

アイコン技術スタッフの一言

ソフトウェアなど物を作るのには時間やコストがかかります。
それをどう効率よく進めていくかが重要となってきます。

現在自分はとある開発作業に携わっていますが、
毎日依頼が多く、人数も少ない為、
作業がなかなか進まないことが多いです。

そんな中で1番作業で使うのがExcelです。
そのExcelをどううまく使うか最近色々と学んでいます。

Excelでは基本的に管理簿を更新することが多いのですが、
この管理簿が何万行もあって更新作業が一苦労です。

そこで役立つのが関数です。
例えば、何万行の中から依頼を受けたものだけを抽出することは、
目追いで探すのは不可能に近いです。

そこで使うのが ”VLOOKUP” という関数。

=VLOOKUP(検索値〔①〕,範囲〔②〕, 列番号〔②:1~3〕,検索方法の指定)

これを使えば探したいものをすぐに検索できます。

他にもMIDというものがあり、
例えばセルの中に「りんご5個」と書いてあるときに、
5という数字だけを抽出したい場合に使えます。

関数は覚えると作業効率につながります。
関数以外にもExcelの便利なショートカット集があり、
これも作業効率につながりますので、色々と調べています。

1つだけ紹介します。(Excel2007で使えるものです)

セルの色をキーボード操作のみで変える
色を変えたいセルを指定 → Ctrl+Tab を2回繰り返す

すると色を変えるツールバーまで移動できるのであとは矢印キーで色を選択するだけです。
こういった感じで作業効率を図っています。

一覧へ戻る最新一覧へ戻る