2014年 12月 の投稿一覧

目標をイメージすること

技術スタッフブログ

技術スタッフブログmrp-staff blog

アイコン技術スタッフの一言

世界にはすごい才能を持った人がたくさんいます。
その中で、ほぼ誰でも知っているであろう、メジャーリーガーのイチロー選手について触れたいと思います。とはいっても、最近の活躍ぶりなどについてではなく、イチロー選手が小学生の頃に書いた作文についてです。

どのような内容が書かれているかというと…一番の夢である「プロ野球選手になる」という目標に向かって、中学生からどのようなことをやっていき、どのような方向に向かっていくか…という内容が書かれています。
何がすごいかというと、小学生の頃からしっかりと目標を定めていてそれに向かってのプロセスもしっかり持っているのです。
これは仕事をしてく上でも重要なことで、目標(ゴール)に向かって、どのような手順でやっていくか…これを考えてやるのとやらないのでは、結果はもちろん、そこで費やす時間なども大きな差が出てきてしまいます。
もちろん、しっかり計画建てたからと言って必ずしもいい結果ばかりが返ってくる訳ではありません。そこで駄目だったから終わりにするのではなく、そこから今後どのように改善していくのか…。そこがしっかりできると、もしかしたらイチロー選手みたいに活躍ができるのかな…とこっそり考えています。

一覧へ戻る最新一覧へ戻る

多様な視点と目的意識

技術スタッフブログ

技術スタッフブログmrp-staff blog

アイコン技術スタッフの一言

今年1月にMRPに就職してから1年が経とうとしています。

これまでITとは関係のない異業種を点々としていた私にとってこの仕事は、
ものの見方を変えられること、新しい視点を見せてくれることの連続で、
非常に楽しく仕事に携わることが出来ています。

現在私は、WebアプリケーションやWebサイトのテスト工程を主な業務としています。
私は最初テストと聞いて、流れてきたものを一定の手順で検査する
単純作業的なものをイメージしました。
というのも初めて社会に出て携わった仕事が電子部品のテストだったので、
きっとそういう少し単調なものだろうなと考えたためでした。
(※電子部品のテスト工程を悪く言うわけではないのであしからず。それはそれで大変で重要です)

ところがいざ始めてみると、テストを行う項目から自分で作っていく、という。
勿論、設計書があって操作とその想定結果はありますが、それに加えこの前提条件でこの操作をしたらどうなるか、
あり得ない入力があった場合や想定外の出力はないか等、
非常に多岐に渡る想定をして様々な視点から項目を作るのは新鮮でした。

また、こうして項目を追加しては追加を繰り返していくと自ずと大量のテストを行うことになるのですが、
テスト数が膨大だから精度が良いというわけではないことも学びました。
何の為にテストを行うのか、この工程で何を見るのかを考えることで必要のない項目を省き、
効率よくチェック出来るよう項目を絞るというのも大事なのだと気付きました。

まだ始めたばかりの仕事ですが、それでも始めたてよりはかなり効率よく、
漏れのないテストの作成と実施ができているのではないかなと自身で思っています。
今後テスト工程ではない業務に携わる機会が出来たとき、
新しい視点から業務を見ること、業務の目的を考えて携わることを忘れず、
頑張っていきたいです。

一覧へ戻る最新一覧へ戻る