2014年 4月 の投稿一覧

神速Photoshop[Webデザイン編]

技術スタッフブログ

技術スタッフブログmrp-staff blog

アイコン技術スタッフの一言

先日、神速Photoshop[Webデザイン編]という本を購入しました。

目からうろこな技がたくさん載っていて、今までやっていた作業も半分以下の時間でできたり、
ケアレスミスをなくせる技術なんかも載っていて、
作業の時短はもちろんクオリティも上がるまさに一石二鳥な事ばかり!!
おすすめの1冊です。

良い本に巡り合うのってなかなか難しくて書店に行く時間がなかなか取れないので
ネットショッピングで買うことが多いのですが、買ってから
「・・・これは知ってます。。」という事になるのもしばしば・・・
文字ばかりの本は大体買って3日で飽きてしまい、せっかっくいいことが載っていても
引き出しで眠っていることも。

この本はいい買い物をしたなぁ~と時間を見つけては読んでいます。
今回はちゃんと最後まで読めそうです。

”神速シリーズ”はwebデザイン編以外にも何種類か出版されているので、
他もそろえてみようかなと思っています。

一覧へ戻る最新一覧へ戻る

~ソフトウエア開発の今と昔~

技術スタッフブログ

技術スタッフブログmrp-staff blog

アイコン技術スタッフの一言

~ソフトウエア開発の今と昔~

私は入社してソフトウエア開発部に配属されて、以来20年以上ソフトウエア開発に携わってきました。
初めて作った製品は家庭内コードレス電話で、当時コードレスは新しい技術の1つでした。
それから20年以上、家庭内電話は今では携帯電話、さらにはスマートフォンに進化しました。
製品が高機能になるにつれてソフトウエアの規模が大きくなり、また開発環境も大きく変わりました。
そういえば当時はどのような開発環境だったのだろう?、ふと振り返ってみました。

PC:
当時は確かソフトウエア開発部にしかPCがなく、その部署内でも1人1台でなく使う時にPCが置いてある机に行って作業をしていました。
またハードディスクも一部のPCで搭載され始めた頃なので、各自でフロッピーディスク(ちなみに入社当時は5インチが主流)を持っていました。
OS:
MS-DOS(知っている人少なくなったかも)というコマンドプロンプトにコマンドを与えて操作するOSでした。
WindowsみたいなGUIではないので全てキーボード操作です。
そのせいか、今でも私はプログラミングする時はマウスは一切使いません。
マイコン:
4ビットあるいは8ビットマイコンが主流でした。
当時はソフトウエアを開発するにはマイコンのハードウエアの知識が必要だったので、1人で仕事ができるようになるまで時間がかかりました。
プログラム言語:
組み込み開発ではアセンブラが主流、C言語を使うほどプログラムの規模は大きくなくて、またCコンパイラも開発環境に用意されていませんでした。
開発ツール:
組み込み開発では今でもマイコンメーカからツールをレンタルしていますが、その大きさは変わりました。
当時のツールはやたら大きくて、自分の机の2/3がツールで占めていたのを覚えています。
開発体制:
ソフトウエアの規模が小さかったので、コードレス電話は2人体制(親機と子機)で1人がどちらかを担当、派生展開モデルだと1人で1機種を担当していました。
また、今では大人数で1つの製品を開発するのが主流になっていますが、当時は1人で複数の製品の開発をしていました。
ソフトリリース:
現在は世の中に製品が出た後もソフトウエアの更新ができますが、当時は1度リリースしたら更新ができませんでした。
なのでリリースした後に不具合を出してしまうと、マイコンは全て廃棄して再リリース、スケジュールも立て直すので工費増、さらに予定通りに製品を世の中に
出せないため売れ行きが落ちる等の最悪な事態になり、時にはボーナスが減俸になることもありました。

これは私が入社した時の話で、ソフトウエア開発はそれ以前から存在しているので、その頃はまた違った開発環境だったと思います。
ただ、そんな中、昔も今も変わらない物があるとすれば、それはソフトウエア開発という仕事は常に忙しいというところかもしれないです。

一覧へ戻る最新一覧へ戻る

~内気な社員がHTML5を学ぶ~

技術スタッフブログ

技術スタッフブログmrp-staff blog

アイコン技術スタッフの一言

現在、HTML5を勉強中です。
勉強中に気になったところ、困難に思ったところ等々を下記にまとめさせていただきます。

◆HTML5で廃止になるタグ
ネットで検索すればすぐに出ますので「HTML5 廃止タグ」で検索してみてください。

廃止になるタグを一部紹介。
「big,center,font,frame」などが廃止されます。

HTML4から入った私は、「HTMLは内容、CSSは装飾」と教わっていたので基本的にCSS側で文字の装飾を行っていたので「big,font」が廃止になっても特に気になりませんでした。

ただ、HTML4では「CSSでの装飾よりもHTMLへ直装飾の方が優先される」の特徴を時々利用して、装飾部分のclass分けをせずに<font>タグを利用していました。
ものぐさな行動が廃止されてしまったようです。なんとも面倒なことです…

◆HTML5でのレイアウト
HTML4では<div id=”header”>等、自分でそれぞれ意味を持たせていました。
ですが、HTML5ではheaderの意味を持つタグ「<head>」が追加されました。

ですが、<header>タグを利用したからと言って必ず、ページ上部に表示されるわけではありません。
自分でCSSから<header>タグに効果を付けていかなければいけません。

ならどうして、<header>タグができたのか。
それは、タグの意味を理解しやすくするためらしいです。

たしかにHTML4では制作者がそれぞれ好き勝手にIDやclassをつけており、独自のルールが出来上がっていました。
HTML5では制作者が使うであろうルールを初めから統一して、内容をわかりやすくしたのではないでしょうか。
それによって「header,footer,section」などのタグが増えたのでしょう。
このおかげで覚えなければいけないタグが増えてしまいました。悲しい限りです。

まだまだたくさん新しいことやわからないことがありますが、まだまだ頭の整理がついていないで今日のところはこのあたりで失礼いたします。
次回があるのならば、「コンテンツモデル、formの強化」についてぐちぐち言わせていただきたいと思います。

以上。

一覧へ戻る最新一覧へ戻る