10年来の友人

先日友人達に誘われ、久しぶりにご飯でもということで会合を開きました。
彼等と出会ってから10年以上たち、そのきっかけについて書こうと思います。

私達が出会ったのは、ゲームセンターでした。
ビデオゲームの反対側に座る関係、格闘ゲームの対戦相手が彼等でした。

当時のゲームセンターと言えば………………
不良の溜まり場というイメージから、
アミューズメント施設へと変っていく転換期で

非常に混沌とした場であったと記憶しています。

薄暗い照明の中、タバコの煙につつまれ、大声で叫んでいる声が聞こえ、
殴り合いのケンカがあり、ストレスでゲーム台を蹴る音が聞こえる……………

そのような環境の中、一つのゲーム台を囲みながら対戦をしていると
しだいに仲間意識が芽生え、会話するようになります。

お互いの名前も知らず、メールアドレスも交換せず、
SNSなど存在しないので、

連絡手段はインターネット掲示板でただ「行きます」
とだけ書き込み
集まっていました。

しだいに腕試しで店舗主催の大会に参加するようになり、
遠征として県外にも足を運ぶようになります。

チームを組み全国大会出場を目指し、
毎日のようにゲームセンターに通い、
閉店後はファミレスで反省会。

名前も知らないのに、お互いの家で寝泊まりしながら家庭用ゲーム機で対戦もしました。
今振り返ると、学生時代の部活動より真剣であったと思います。

そんな苦楽を共にした戦友であり仲間の彼等と会うと、
まるで当時の自分に戻ったかのような気持ちになります。

お互いに切っ掛けであったゲームタイトルは既に遊ばなくなったのですが、
ゲームを通し知り合ったのですから、
趣味や趣向が似ているため話題に困りません。

また一つのゲームを通して集まりたい、
と言いながらその日は別れました。

私以外にも弊社の社員には、ゲーム好きが多数在籍しています。
たまには仕事や役職を忘れ「どちらが強いか」を決めてもいいかもしれませんね!
「接待プレイ」は無いので悪しからず。